意外な害獣や害虫による被害|駆除はスピーディーに


南京虫被害を抑える

南京虫とは、布団や畳などに潜む赤くて小さな虫です。小さくても肉眼で見えるぐらいの大きさですが、昼間は姿を見せず夜になると活発に行動をします。この南京虫は、人の肌に噛みついては血を吸う習性があります。その痕は赤くはれ上がり、強いかゆみを伴うこともあるのです。夜に行動することから、人が寝ている間に噛みついてはその被害を大きくしています。このような厄介な南京虫を駆除しようとしても、一般の人ではなかなか難しくなります。それは南京虫の数は予想以上に多く存在し、駆除したように見えても一部の南京虫しか駆除しきれていなかったことがよくあります。そのため、残りの南京虫が繁殖を繰り返し、再び被害に遭う人が後を絶ちません。それを防いでいくには、南京虫駆除を行う専門の業者に依頼することで解決してくれます。家の中の隅々までを徹底して駆除してくれるので、再発を起こすことなく安心した生活が送れます。

このような南京虫は、昔から日本に存在していました。しかし昭和に入り、衛生環境も良くなってきたことから南京虫被害で悩む人が激減したのです。しかし、ここ10数年の間に再び南京虫の被害が多発してきました。その原因と見られているのが、海外にいた人が日本へ帰る際に、服などに付着した南京虫を持ち帰ってしまったことです。南京虫は家に限らず、ホテルなどの宿泊施設にも多くいるので、海外では宿泊客が被害に遭うことは珍しくありません。そういったことから、日本でも南京虫が増殖していったのです。年々南京虫の被害は増え続け、個人だけでなく宿泊施設などからも南京虫駆除の依頼が多くなっています。この駆除の仕方は、特殊な薬剤を家全体に細かく撒いていきます。1つの室内だけでは他の室内へ南京虫が逃げてしまうので、必ず家全体に南京虫駆除を行わなければいけません。南京虫への知識がある専門の業者で、完璧な南京虫駆除を行ってもらうことが非常に重要となってきます。